カメレオン・アーミー協会 ホワイト・カメレオン/リーダー会

201905-chameleon

私達カメレオン・アーミー協会は夜を中心に、地元地域の街を見守りウォーキングをしながらGOMI拾いをしています。

テーマは“夜のカストーディアル活動(Night Custodial Activity)”
※カストーディアルとは“保管・保護・保全する”という意味です。
1. 自分たちの住む街はキレイなままで…
2. 誰もが心地よく住み続けられる街に…
3. “郷土を大切に”その心を育み継承する。
をコンセプトに掲げ誕生したプロジェクトチームです。

~夜のGOMI拾いにこだわる理由〜
夜の時間帯は”ヒト・街・地域等”の本来の姿が明からさまになる時間帯だといわれています。潜在的な本質がむき出しになり、特にヒトの本性が表現しやすい時間です。
暗いからこそ、見た目ではなくその人の心の中が現れると思います。誰にも見られてないから、“ポイ捨て”もしやすくなります。早朝GOMI拾いをしていると、そのGOMIの殆どは夜の街から出ている事が確認出来ます。夜捨てられたGOMI達は、排水溝をとおり一部下水道から川に出て海に流されます。海に流されたGOMI(マイクロプラスチック)は、魚が食べてしまいやがて、またその魚を人間が食べます。自分自身がしたことは循環して、全て自分自身に還って来ます。

その夜の街に繰り出し、クリンネス活動をBLUE SHIPを活用して伝える事で、“ポイ捨て”の抑止になればと…“GOMI ni cation”(ゴミニケーション/集団でゴミ拾いをしながら交流する)をすることで、夜の街の見守り隊として、防犯・防災・高齢者保護にも貢献できます。

継続することで、クレンリネスに繋がる心の教養を育み継承すること…。自治体・企業・団体と連携を図ることで、青少年育成・保護の観点からも有効な育成サポートにもなります。

現在の活動拠点は、広島・福山・神戸を中心に全国から世界へと、活動の輪を広げて行きたいと日々奮闘中です。昨年はカンボジアとベトナムに進出させてもらい、今年はフィリピンでの支援活動の計画もございます。

BLUE SHIPポータルを通じ、活用することにより、チーム活動拡散にも一役買っていただき、地味な活動も“ゴミ拾い・環境イベント”として「参加しやすく」「楽しそう」と、好評で参加される方も増えてきました。これからも参加支援者に支えられながら、地道な活動を継続することの大切さも同時に伝えて行けたらと思っています。

[BLUE SHIP団体ページ] 団体ページを見る→