海の深さはどれくらい?

世界で一番高い山はエベレスト(8,848m)です。

では、世界で一番深い海はどの辺りで、どのくらい深いのでしょうか?

それは、フィリピン沖のマリアナ海溝(かいこう)にあるチャレンジャー海淵(かいえん)で、深さはなんと10,920mもあります。
※日本の海上保安庁の測量船(かいこう)が水深を測りました。

Mariana01
 

深海とは、一般的には200m以上の海域のことで、3,000m以上は”深海層”、6,000m以上は“超深海層”といいます。
低水温・低酸素・高水圧で、ほとんどの深海魚が姿を消します。
世界で一番高い山よりも深い海。想像がつかない世界です..
 

しかし、そんな超深海層マリアナ海溝でも、なんと汚染が発見されているのです。

学術誌「ネイチャー・エコロジー&エボリューション」に掲載された論文によると、深さ約7,800~10,000mで捕獲した甲殻類に含まれる汚染物質の量を測ると、中国でもっとも汚染された川の一つとされる遼河(りょうが)の水を含んだカニの汚染の約50倍もの量でした。

検出された化学物質には、PCB(ポリ塩化ビフェニル)とPBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)が含まれていて、人工物が深海の生物にまで深刻な影響を与えていると示唆しています。
 


※参照:オンライン学術誌「ネイチャー・エコロジー&エボリューション」:https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/11634