富山県のゴミ

Toyama01
富山県の海岸線は約147kmで、日本全国で37番目の距離。
県のホームページを見てみると、その海岸線のほぼ全域で海岸漂着物が見つけられたそうです。
そして、環境省が行った研究結果では、海岸漂着物の約8割が県内から流出したものであることが分かりました。

ポイ捨てだけでなく、悪質な不法投棄ゴミも深刻な問題です。
ゴミの中には、“針つきの注射器”“有害な液体の入った危険物”も。
それらの多くは海を漂っているのです。

 

 

富山県では、
川から海に流れ出している私たちの生活ゴミを減らすことがとても重要だと考え、
「私たちにできること」5つのアクションを推奨しています。

① ゴミの量を減らそう 「リデュース」
② 繰り返し使おう 「リユース」
③ できるだけ再生利用しよう 「リサイクル」
④ 海・山・川にゴミを捨てない、捨てさせない
⑤ 海岸や河川の清掃イベントに参加しよう

※参考:富山県の海岸漂流物を減らしていくための計画をつくりました
※参考:海岸に流れつくごみを減らしていくために私たちにできること(pdf)

 

“他人ごと”ではなく、”自分ごと”として捉え、
身近でできることから始めたいですね。

 

富山県でBLUE SHIPにご登録いただいている団体
ダイビングショップ海遊:https://blueshipjapan.com/crew/dskaiyu
第一学院高等学校 富山キャンパス:https://blueshipjapan.com/crew/daiichigakuintoyama